ヌテラのクロスタータ風
b0086136_17581049.jpg


t-fortunatiさんNutellaのクロスタータを見て、「美味しそう♪」と思い作ってみました。
ドイツにもリンツァートルテという似たようなケーキがあるのですが、シナモンが入っていたりして個人的にはあまり好きではありません。なので、シナモンが入らないこのクロスタータが気に入りました。
本場のクロスタータを知らないので、クロスタータ風と書いておきます。イタリアに行く機会があったら、本場のクロスタータを食べてみたいと思います。

相方くん連れて行ってね~~~。
[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-05-13 18:04 | おうちスイーツ・Dessert | Comments(4)
扉の中は・・・
さて、今日はこちらの扉の中をご紹介します。
b0086136_3411493.jpg




b0086136_3424618.jpg

これがチーズケーキ村教会の中です。


b0086136_3435310.jpg

説教壇
昔はここで神父さまが説教をしていたようです。


b0086136_3441622.jpg

正面のステンドグラス


b0086136_3444414.jpg

パイプオルガン


b0086136_345829.jpg

ここで皆座ったり、ひざまずいたりするようです。


b0086136_345441.jpg

両サイドには十二使徒が。



この教会は1865年6月14日に完成しました。
中は最近修繕されて綺麗になっています。
[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-05-12 04:03 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(11)
Date Loaf (なつめやしのケーキ)
b0086136_121997.jpg


このケーキはずっと恋人とデートをする時に食べるものだと思い込んでいました。
お菓子の本を開ける度に「デートローフ」と言うタイトルを見て、「う~~ん、どういうタイミングで食べるのかしら」と想像していました。
ええ、材料の欄はち~~っとも見ておりませんでした。タイトルと写真のみ見ておりました。

それがどうしたことか、「デートと言うのは食べ物の一種なのかも」という考えが芽生え、友人に聞いてみたら、やはり彼女は知っていました(って当り前か)

数日後、うちに小包が届きました。
差出人はあの友人で、中にはデートがたくさん入っていました。
どこで売っているか分からない私を気遣って、わざわざスイスから送ってくれたのです。

友よ、ありがとう!!!

さて、そのデートを使ったケーキです。
味は格別に美味しかったです。

後になって、普段行っているスーパーでデートを探してみるとちゃんと売っていました。単に私が見つけられなかっただけのようです(恥)。
[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-05-11 01:14 | おうちスイーツ・Dessert | Comments(5)
チーズケーキ村ツアー
春の連休で旅行された方も、そうでない方も、今日はちょこっと(本当にちょこっとですが・・・)観光気分でお楽しみください。

まずは、カトリック教会。
この村の象徴的な建物と言ってもいいと思います。
b0086136_1584182.jpg



Brunnenweibel(直訳すると噴水の女性)
b0086136_202722.jpg



Nepomuk(ネポムック)
b0086136_212347.jpg



駅(1時間に1本のペースで電車が来ます)
b0086136_221749.jpg



b0086136_224226.jpg



村を流れる川
b0086136_231725.jpg


ガイドブックにも載っていないチーズケーキ村の様子でした。
少しは旅行気分になったかなぁ???
[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-05-10 02:10 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(17)
森の中へ・・・
b0086136_18203969.jpg


土曜日の朝8時からこんな所へ行っていました。
天気もよくって、緑がとってもきれいでした。

さて、ここで質問です。
目的は一体何だったでしょう?

1. お散歩
2. ベアラオホ摘み
3. 森林浴
4. サイクリング

さて、答えは・・・・。
[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-05-07 18:43 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(16)
マスのオーブン焼き
佳園さんの質問でもあった、こちらで新鮮な魚が買えるかどうか。
かなり厳しいです。
ドイツでもハンブルグなど海の近くなら、新鮮な魚が手に入りそうですが、チーズケーキ村はドイツ南西にあるので、こちらに来るまでに新鮮な魚も台無しになりそう?!
たま~に、魚が恋しくなります。

毎週木曜日におじさんが、魚を持って売りに来ます。たまにそこで買ったりすることも。

さて、下の写真は大体マスを食べるときにするもので、ニンジンやズッキーニ、玉ねぎ、そしてゆでたジャガイモなどをひいて、マスを乗せます。マスのお腹の中ににんにく、ねぎ、ハーブ類などを入れています。後は、オーブンの中に入れるのみ。
簡単でとても美味しいですよ。

こういった、魚の丸焼きはどうしてもフォークとナイフで食べられません。なのでいつもお箸で食べています。どうやったら、優雅にフォークとナイフで食べられるんだろう???

b0086136_23255794.jpg

[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-05-05 23:31 | おうちごはん・Essen | Comments(9)
ベアラオホ
b0086136_346506.jpg


これはドイツでベアラオホという野菜(?)です。
見た目はなんだか菜っ葉類のようですが、香りはまさにニンニク。
日本では見たことがなかったので、初めて見たときはちょっと感動しました。
もうすぐ旬の時期が終わってしまうのですが、ベアラオホの時期は、パン屋さんにもベアラオホ入りのパンが並びます。美味しいですよ~。
私はスーパーで買いますが、中には山菜摘みのように散策がてらにベアラオホ探しをする人もいるようです。

写真のベアラオホを使って、ペストを作ってみました。
ベアラオホを細かく切って、塩入り熱湯で少しやわらかくし、水気を切ってから、松の実やオリーブオイルを足してピュレ状にします。
それを茹でたてのスパゲッティにチーズと一緒にかけていただきま~~す。

写真・・・。あまりにもお腹が空いていて写真を撮るのを忘れていました(←新米なもので・・・)。
いつか機会があれば、アップしたいと思います。
[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-05-04 04:14 | おうちごはん・Essen | Comments(12)
サイクリング
さて、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、私の住んでいるところは、ベルリンや、フランクフルトなどのいわゆる都会ではございません。

「ちょっとサイクリングしよう!」などと言うとこんな風景が目の前に現れます。

b0086136_4593810.jpg


ねえ、のどかでしょう?

ちなみに右手前に見えるのが、いちご畑です。ここは勝手に「いちごの道」と呼んでいて、イチゴの時期になると両サイドにいちご畑がずらら~~~と広がります。マウンテンバイクでビューンと駆け抜けるといいにおいがして、なんだか得した気持ちになります。



ちらほらと、いちごの花をみつけました。

b0086136_54464.jpg



あと、途中でこんな方も発見!

b0086136_544324.jpg
こんにちは!お忙しそうなので、また来ます。






こっちに来て、視力が微妙によくなったかも・・・と思う今日この頃。

ちなみに、この道は平らで走りやすいと思うかも知れませんが、この前に坂があって、かなりきついです。「いちごのため!」というにんじんをぶら下げていつも走っております。
[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-05-03 05:16 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(8)
二種類のブラウニー
b0086136_5103169.jpg


ドイツとはあまり関係はないですが・・・。
NZにいた時に、ホストファミリーからクリスマスプレゼントとして貰ったお菓子作りの本。「いつかは焼こう!」と思って、早数年。焼き始めるとこの本が手放せなくなりました。NZ在住時に焼いていたら、材料など簡単に手に入ったんだろうなぁとたまに思うことも。
上のブラウニーはその本からです。ホワイトチョコレートブラウニーと、ココアブラウニーを知人の誕生日パーティのために焼きました。
女性にはホワイトチョコレートブラウニーが、男性にはココアブラウニーが好評だったようです。
[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-05-02 05:14 | おうちスイーツ・Dessert | Comments(14)
チーズケーキ村よりこんにちは。
昔、「赤毛のアン」シリーズにかなりはまりました。
何度も何度も読んで、飽きることがありませんでした。今でも大好きな本です。
いつかはプリンスエドワード島へ行く!と思っていたのですが、さまざまな出来事の後、今はドイツのとある村にいます。


この村にもおしゃべりなおばさんがいたり、みんなほとんど顔見知りだったり・・・と、アンシリーズとどこか似たような感じがします(欧米の村ってみんなこうなのでしょうね、きっと)。
ただ、ちょっと違うところは、この村がチーズケーキと呼ばれていることでしょうか?



昔々、この村の人たちは夏のある日に隣の村へ行きました。そこには美味しいチーズケーキがあって、この村の人たちはよく食べたそうです。
ただ、ある夏の日、嵐がやってきて、この村の人たちは隣の村に行きませんでした。
隣の村の人は、この村の人たちが来るものだと思ってたくさんチーズケーキを用意したのに、誰も来ないのでたくさん残ってしまいました。
嵐がさって、怒った隣の村の人は、残ったチーズケーキを持って、「ここにお前らのチーズケーキがあるぞ!これでも食らえ!」などと言って、この村中にチーズケーキを投げたそうです。
それ以来、この村は「チーズケーキ」と呼ばれるようになったそうです。
この村で生まれた人も「チーズケーキ」と呼ばれています。



この話は、この村に初めて来たときに聞いたので、記憶があいまいですが、こんな感じだったと思います(爆)。

そんな話のある村から発信のこのブログ、今後ともよろしくお願いします。

追記:
やっととなりのロゴのところに写真の取り込みができました。
さあ、今度は本文に写真を入れていきますよ~~。
[PR]
# by elise_hitsujikai | 2006-04-27 17:27 | ごあいさつ・Begruessung | Comments(23)
free counters