<   2006年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
方言のこと
日本語にも方言があるように、ドイツ語にも方言があります。チーズケーキ村はバーデン州と言う所にあるので、バーデン訛りというカテゴリーに属すのですが、チーズケーキ村の独特な訛りでみんなお話しています。まあ、言ってみれば、大阪弁というカテゴリーがあって、その中にも泉州弁や河内弁があると言ったところでしょうか・・・(余計に訳が分からなくなったりして・・・)

そんな、バーデン訛りに耳慣れしている私ですが、他の地方の方言にはテンで免疫がございません。勤めている会社の取引先は、色々な地方に分かれています。東の方、南の方、西の方・・・(あら、北の方は余りありませんね。ハノーファー辺りだとテレビやニュースで聞こえるような標準ドイツ語で話されているそうです。)。

とある会社の担当者が代わりました。先任の方は外国人である私に合わせて標準語に近いドイツ語で話をしてくれたので、電話でもよく分かりました。後任の方はチューリンゲン訛りで話をします。最初の頃は耳慣れしていないせいもあって、電話の時よく聞き返しました。

担:「価格表持ってますか?」
私:「え、すみません。もう一度お願いします。」
担:「価格表持ってますか?」
私:「す、すみません。よく聞こえなかったのですが・・・」
担:「価格表持ってますか?」
私:「え~~と・・・」(←もう聞く勇気が出てこない)

担:「か・か・く・ひょー・もってーまーすーかー?」


私:「あ、価格表ね。持ってますよ~」
と言った内容を10分くらいやり取りしていました。彼の方も「なんでこんな簡単なドイツ語が分からないんだろう?」と思っていたことと思います。(すみません)
いや、本当に分からなかったんですって(しつこい)

さて、耳もすっかり慣れてきて、電話もばっちり対応できるように。

・・・と、思ったら、また担当者代わりました。
今度はミュンヘンの人なんです。
バイエルン訛り、耳慣れするようにがんばろっと♪

b0086136_341954.jpg

少し前に撮った花です。玄関前に咲いています。

[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-31 03:47 | Comments(9)
マウソレウム
今日はチーズケーキ村にある建物を紹介します。
b0086136_2455352.jpg


この建物はマウソレウムと言い、巨大なお墓です。
誰が中で眠っているかと言うと、ヴァイル博士と言うユダヤ人です。

ヴァイル博士はチーズケーキ村近郊の町で生まれ、貿易商として富を得ました。
彼の両親および親族が眠るチーズケーキ村のユダヤ人墓地にこのマウソレウムを建設したかったのですが、建物が余りにも多すぎたために、隣接する土地に建設せざる終えませんでした。

また、建設許可に伴って、マウソレウムに通じる道も設置しなければなりませんでした。そのために45人の土地所有者から集計して1245平方メートルの土地を買い取ったそうです。

b0086136_252231.jpg


フランクフルトの建築家が設計しました。
エルサレムにあるサロモン寺院をモチーフにしているそうです。
高価な材料が使われ、例えば床には様々な種類の大理石が使われています。

b0086136_2522242.jpg

ここで、ヴァイル博士が安らかに眠っています。


あと、大きな墓を建設した理由の一つに、当時の不景気が挙げられるそうです。
チーズケーキ村周辺も例外なく貧しい人がたくさんいたそうです。その人たちに少しでも働いてお金を稼いで貰おうとヴァイル博士は考えたようです。
[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-30 03:01 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(4)
うちの同居人その後
シジュウカラのヒナをこの前披露したので、今日はパパ・ママたちの活躍ぶりを披露したいと思います。
朝から夕方まで餌をとっては、ヒナに与えると言った作業をしています。
これはホンの一部です。
b0086136_0274140.jpg




b0086136_028726.jpg

夫婦でがんばっています。


正直に言いますと、上の2枚の写真は相方父が撮ったのを拝借しました。
私も挑戦してみたのですが、まだまだです。
こんな感じ・・・。

b0086136_0314764.jpg

特にシャッターチャンスではないけど・・・。



b0086136_0324619.jpg

庭の池に睡蓮の花が咲いたので撮ってみました。



b0086136_0331393.jpg

なんて言う鳥なんでしょう??


そんな感じで、まったりとチーズケーキ村の日曜日は過ぎていくのでした。
[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-29 00:37 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(4)
初夏だけど・・・。
フェタチーズと野菜のホイル焼きで、「はっきり言って暑いです」と書いたのですが、近頃雨が多く、肌寒い日が続いています。

家の中のセントラルヒーティングも停止したので、床暖房ではなくなってしまい、家の中がひや~っとしています。

そんな時に活躍するのかこれ!
b0086136_2255627.jpg

じゃじゃ~~ん、暖炉です。


北半球に住んでいらっしゃる方には暑苦しく見えるかもしれませんが、今うちでは必需品となっております。

b0086136_22562765.jpg

しつこい?すみません。



来年か再来年にはこの前した、薪拾いの薪もこうやって大活躍することと思います。

雨の様子を写真に収めたかったのですが、まだまだ修行の身なので、こんな感じにか撮れていません。

b0086136_2301331.jpg

わかります、この雨の粒・・・?



で、雨の後出てくるのが、この方・・・。

b0086136_2304846.jpg

「呼んだ?」


明日はお天気だといいな♪
[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-26 23:06 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(5)
うちの同居人
さて、毎年この季節になると、ここに同居人が現れます。
私も居候の身なので他人のことは言えないのですが、彼らは夫婦で押しかけてきます。

彼らの部屋はここにあります。
b0086136_6362997.jpg


そう、庭にあるのですよ。
彼らの別荘がこちらにあります。
もう少しずずずと寄って見ましょうか。
b0086136_6371952.jpg


彼らの別荘です
そう、彼らとはある鳥なのでした。
さて、中身はどんな感じなのでしょう?

b0086136_6385426.jpg


見えますか~?シジュウカラの赤ちゃんがいます。
ごめんね、パパとママと思って餌がもらえると思ったんだよね。
もうすぐパパもママも帰ってくるから、もう少し待ってね。

シジュウカラファミリーは毎年毎年同じ巣箱に来てくれます。去年は事情があってテーブルの上に巣箱を置いていたのですが、人間にも怖がらず、そこに巣を作っていました。
赤ちゃん鳥が飛ぶ練習をしている姿を間近で見られてうれしかったです。

さて、今年も赤ちゃん鳥の飛ぶ練習している所を見逃さないようにしないと!
[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-25 06:52 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(7)
抹茶アイス
b0086136_452085.jpg


日本に里帰りをした友人にお抹茶を買って貰いました(どうもありがとね。感謝、感謝)
お茶の心得など全くないのだけど、抹茶アイスがどうしても食べたかったの。
こっちに住んでいると、抹茶を扱ったお菓子に遭遇する確率はないに等しいのです。
「ないものは作る!」をモットーに作ってみました。

出来上がって、試食タイム♪
私は「この味、この味」とパクパクと食べていたのですが、相方、相方母は少し浮かぬ顔をしています。「どうしたの?」って聞くと、「これ、ほうれん草の味がする」と相方母。
二人とも一口二口食べて残しました・・・。勿論私はその残り戴きましたよ~。
残しませんよ~。

まだ少し余っているのですが、これはいつかホームシックにかかった時用の緊急食品として置いておこうと思います。

b0086136_4143965.jpg

私のホームシック対策一号

[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-24 04:24 | おうちスイーツ・Dessert | Comments(8)
お散歩
週末はあんまりお天気がよくありませんでした。
雨が降ったり、やんだりで折角の土日なのに何に対してもやる気なし。

日曜の午後ホンの少し太陽が出たところで、お散歩に。

b0086136_242720.jpg


緑がきれかったです。
[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-23 02:45 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(3)
ニンジンサラダ
b0086136_16532772.jpg


冷蔵庫の中身をチェックして買い物に行きます。
日曜日はスーパーは開いていないので、買い漏れがないようにチェックは念入りに・・・。
ヨーグルトでしょ、あ、チーズもないわ。ハムも買っておかないと、ニンジンも玉ねぎもないわ。
そんな感じで買い物メモを作成しました。

買い物から帰ってきて、買ったものを冷蔵庫に入れようとしたら、ないと思っていたニンジンがありました。
ガビーン。
ちょっとショック。

ニンジン消費促進メニューを!
ということで、ニンジンサラダを作りました。

栗原はるみさんのレシピを参考にしています。
ニンジンを細切りにして、レンジでチン。ニンニクのみじん切り、塩・こしょう、サラダ油、酢、しょうゆで味付け。
簡単で、美味しいですよ。

あと、このサラダと一緒に鶏胸肉でチーズとバジルを包んで焼いたものを作ったのですが、チーズがはみ出てしまいました。味は悪くなかったのだけど、見栄えがね・・・。
どなたかチーズが出てこない技ご存知の方教えてくださ~い。

さて、昨夜は毎年恒例の「ユーロヴィジョンコンテスト」がありました。
ヨーロッパの国々の代表が歌を披露して、視聴者が電話で投票します。自分の国には投票できないシステムになっています。
ヨーロッパに住む人たちが同じテレビ番組を見ているなんてすごいなぁって思いました。
優勝したのはフィンランド。「ロード・オブ・ザ・リング」の悪者のような格好をして歌っていました。個人的には好きではないのですが、どの国からも高得点を貰っていてびっくり。
さて、ドイツは・・・、あんまりでしたね。
来年はがんばれ!!
[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-21 17:06 | おうちごはん・Essen | Comments(7)
ドイツで「わび・さび」
突然ですが、盆栽と言うとみなさまどんなイメージがあるでしょうか?
「盆栽はお年寄りのするもの」と言うイメージが私にはありました。おじいちゃんがハサミを持って、チョキンと小枝を切る・・・。そんな事しか出てこないくらい、盆栽とは縁の遠いものだったように思います。

そのような縁の遠いものを少し近づけてくれたのは、不思議な縁を通して、盆栽ワークショップの通訳の仕事でした。
年に一度、日本から盆栽作家が講師として来独し、三都市でワークショップで盆栽を教えます。勿論受講者はドイツ人なので通訳が必要となります。三つのワークショップのうち一つが私に白羽の矢がたったのですが、私のドイツ語能力と云々と言うよりは、チーズケーキ村からその教室まで近いのが理由かと(笑)。
去年もお手伝いさせてもらったのですが、いつも思うことは受講者の熱心さ。
日本以外で日本の文化や言語を興味をもってくれているのを見ると、とても嬉しくなります。

ワークショップでは、各自自分の盆栽を持ってきて、各自手入れをしていくのですが、講師がある受講者の木で見本を見せると、他の受講者もその盆栽に寄って来て、少しでも技を盗もうと真剣に見ています。
恥ずかしながら、日本人の私の方が知らないことの方が多いです。
通訳を通して知ったことですが、盆栽には独特の言い回しがあります。
例えば「持ち込み」。「時間をかけて育てる」という意味です。
あら、みなさまご存知でした?失礼いたしました。

講師の隣で説明を聞いていると簡単そうに思えるのですが、実際にやってみるときっと難しいんでしょうね。自然界の厳しさやおおらかさを一つの鉢で表現するのは経験と想像力がかなり必要だと思います。
あと思ったのは、盆栽ってかなり体力が必要ですね。
木の皮をはがしたり、太い銅線を枝に巻いたり、後ろの枝を前に持ってきたり・・・繊細さと力強さがいりますね。

いろんな経験をさせてもらってありがたいです。

きっと、いつかは・・・・!

b0086136_4505740.jpg

これはうちの庭に咲いていた花。かわいいでしょ?
[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-20 04:54 | チーズケーキ村とその周辺 | Comments(7)
テントウムシのチョコレート
b0086136_156217.jpg


月曜日の朝、会社に取引先の人がやってきました。
「手を出して」と言われて、素直に出しました。
そしたら上のテントウムシのチョコレートを手のひらの上においてくれました。

「まあ、朝からプレゼントってうれしいわ♪」と喜ぶ私。
テントウムシってこちらでは幸せをもたらしてくれるそうです。
チョコレートのはどうか知りませんが・・・。

でもね、うれしいんだけどね・・・・
[PR]
by elise_hitsujikai | 2006-05-19 02:04 | おうちスイーツ・Dessert | Comments(5)
free counters